ほんとの話!?アパートが訳あり価格並みに激安♪

今後実行に移せるかどうかは自分の決断次第ですね。たいていの読者は、読み進めていくうちにやる気満々となっていくと思いますが、終りの方にある不良入居者の話、「夜逃げされた部屋に位牌が残されていて処分に困った」あたりで一挙に、希望がしぼむかもしれません。中には「そりゃ無理だろう」という本も多い中!実践的で現実味のある内容でした。

コスパがいい♪

2018年04月24日 ランキング上位商品↑

アパートまずはアパート一棟、買いなさい! 資金300万円から家賃年収1000万円を生み出す極 [ 石原博光 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

正直な内容ですが、税金面などの解説が弱いのと、高利回りな安価物件を素人が選ぶ時の注意が、少し抽象的なような気がしました。内容自体も読みやすく著者が300万円の資本からスタートしたっていうのも一般人に現実的に目指したくなる要素の一つかも知れません。作者の人柄なのでしょうね。難しい用語もなく初心者でも理解しやすいので広くの方にオススメです。細かく書かれていてとても参考になります。読んでいて嫌な感じがしなかったです。。私は両親がアパート経営をしていたのを見て育ったので不動産投資に興味があり!買ってよんでみたのですが!主婦であり素人の私にはまだ少し早かったような気がしています。よくある賃貸経営ものです。おもしろいと思いました。ただこの手の本には共通している内容が多いですね。参考にはなるのかもしれませんが!筆者の具体例に乏しく文が重いです。もっとも、これらが簡単にわかるようなら誰もが大金持ちになれますが。他にも!高利回りの重要性など!立地などに目が行きがちな自分の目を覚めさせてくれた意味でも感謝しています。物件購入から!融資!物件管理まで!幅広い内容です。内容は!満足の行くものでした。手間と時間をかけれる人は必見ですね。この手の本全般に言えることですが、一意見として参考にはなりますが鵜呑みにするのも良くないと思います。不動産投資に関する書籍を色々読みました。こうゆうビジネス書は著者数=様々な運営論経営論があるので一例を取るだけでなく沢山読んでいくという過程ではアリだと思います。が!まずは種銭300万作らないと(笑)マンション!アパート投資の1つの目線として購入しました。出来る気がしてきます。なので半分ぐらい読んで そのまま放置・・・になってしまいました。木造1棟について主に記載されています。なかなか読み応えがありました。読みやすくてよかったです初心者向けで良いと思います。ただこれをお手本にすぐ投資できるか?ということになるとまだまだ勉強することが山済みって感じです。なので★は三つです。今!私も本書を参考に融資を申しこんでいるところです。アパート経営の本は数あれど!銀行融資の実践について記載された本お目にあ買ったことはありませんでした。やっと読みました。とはいえ他の本では一般的に否定されている方法をとるなど独自性があります。区分、一棟(RC/木造)それぞれよしあしがあります。もう少しいろいろ勉強してまた読んでみようと思います。一棟買いのメリット!選び方から!値切り方!お金の借り方まで丁寧に書かれています。というのが本音です。努力で満室とは書いてありますが。その部分だけでもこの本を買う価値はあります。。不動産投資がどんな物であるかを知るにはとてもわかりやすいと思います。不動産投資を考え始めたときの原点に立ち返ることができたので、GOODな本です。読みやすく、解りやすく、一気読みでした。共通点もあります内容は参考になりました。